FC2ブログ
冒険の予定:1月17日ジャパン駅伝ツアー神戸【駅伝5km】、2月14日西大寺駅伝(岡山県)【駅伝5km】、9月11日倉敷国際トライアスロン(岡山県)【スタンダード51.5km】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空木岳

日時 : 2014.5.4 3:52~ 16:57
場所 : 空木岳(長野県)2,864m
天気 : 晴れ
人数 : 2人(ジンボバッド、ロック鳥)

空木岳登山ルート図
2014年ゴールデンウィークは中央アルプス空木岳へ。
予定では駒嶺ヒュッテに宿泊しての一泊二日だが、可能であれば日帰りする。
2日目の天気があまり良くないので出来れば日帰りしたい。

深夜に林道終点に到着。
準備をしている時にロック鳥が雪山用のアウターを忘れたと騒ぎ出した。
合羽も持ってきてないらしく、私も自分の分しか持ってきていない。
明日の天気は良さそうなので、とりあえず行けるとこまで行き、
天気が少しでも悪そうになったら引き返すということにした。
頂上直下の駒嶺ヒュッテでの宿泊は、無しとし、日帰りを絶対条件とした。

何はともあれ、明日に備えて寝ることにする。
1時から3時半までの約2時間半、車中で仮眠し、4時前に登山開始した。

①林道終点手前
登山開始場所には、昨年のゴールデンウィークに
死亡1名・重症2名・行方不明1名と不気味な看板が立っている。

②登山口
しばらく歩いて登山口へ到着。

③朝
4時半頃になると辺りは明るくなってきた。

池山には登らずに迂回路を進む。

④池山小屋分岐
池山小屋を通るルートとの合流地点。
こっから少し進むと急登となったため、アイゼンとピッケルを準備する。

⑤大地獄手前
大地獄手前に到着。
こっからは大地獄(おおじごく)・小地獄(こじごく)と難所が続く。
ヘルメット等の装備を整えて進む。

⑥大地獄
大地獄の梯子にはアイゼンの先が刺さらない程の
硬い氷が張っているが、
手すりや鎖等を持てば何なく通過できる。

続いての小地獄は直登ルートを避け、巻き道を選択。
巻き道は長く、滑落危険箇所もあるため、そんなに良いルートではなかった。

⑦中央アルプス
稜線に出ると中央アルプス宝剣岳がはっきり見えた。

⑧雪の急登
稜線の踏跡を辿ってひたすら登る。

⑨空木岳バックに
空木岳の全貌が明らかになる。

南アルプス
南アルプスの山々も綺麗に見えた。

八ヶ岳
南アルプスの向こうに八ヶ岳も確認。
もうほとんど雪は無いようだ。

⑩空木岳
空木岳、山頂までもう少し。

⑪駒石
駒石を通過。

⑫御嶽遠望
中央アルプス稜線の向こうには御嶽山が見える。

⑬駒嶺ヒュッテ到着
駒嶺ヒュッテに到着。

⑭駒嶺ヒュッテ冬季入口
冬季はこちらの小扉から室内に入れ4、5名が寝ることができる。
ロック鳥の持ってきた手作り焼きそばを貰い、しばし休憩。

ここで荷物をデポして山頂へ向かう。

⑮最後の登り
最後の登り。

⑯山頂
11時頃に山頂へ到着する。十分日帰りできる時間帯だ。

⑰南駒ヶ岳
南には、南駒ヶ岳が聳える。

深田久弥は、木曽山脈南半分から一つ選ぼうとして南駒ヶ岳と空木岳とで迷い、
最終的にはわずかに背が高いこと、そして山名の美しさから空木を選んだという。

しばし展望を楽しんだ後、下山開始する。

⑱下山
帰りの尾根道は楽々通過する。

⑲雪庇
雪庇も所々に見えるが問題無し。

小地獄手前まで戻ったところで、行きに通った巻き道を止めて、直下ルートを選択した。

⑳小地獄
間違って直下ルートを選択した人が立ち往生していたが、
ザイルで懸垂下降を繰り返し降りていった。

我々も念のためザイルで確保しながら慎重に下りることにする。
慣れない作業なので、予定よりも時間が掛かってしまうが、
何とか合流地点まで行くことができた。
ロック鳥も小地獄の通過にかなり神経を使ったようで、疲れが見えている。

この後も大地獄の通過などもあるため、再度気を引き締めて通過していく。

大地獄も通過し、緩やかに下山していたら、右足のアイゼンに違和感が・・・
構わずに歩くと、1分後にアイゼンが外れた。
平坦なところなので良かったが、今後は注意が必要だ。

㉑サルオガセ
林道近くまで下山するとサルオガセが確認できた。

㉒登山終了
後半失速したが、なんとか17時前に戻ってくることができた。

ゴールデンウィークだが、単独行者数名とパーティーが数組で、かなり静かな山だった。

駒ヶ根温泉ホテルで入浴し、帰路につく。


今回の反省事項
 
  • 小地獄の直下ルートの通過に時間がかかりすぎた。
  • 忘れ物は絶対にしないようにすること。
  • アイゼンの装着に注意を払い、違和感を感じたらすぐに調査すること。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。